Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

2010年8月読書記録

8月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:2726ページインシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)殺人が許され期待されている空間で「夜」独りでいることを強制される恐怖、強い外的ストレスで鈍る判断力、そして殺人という異常事態にも生まれる慣れ…心理描写が緻密でリアル。極限状況下において半狂乱になる人間もいれば、それでもなおプライドやロジックで動く人間もいる。普通に面白い小説だけど、やっていることが大きいわりに主催者があまりに抜けてるというか稚拙なのがちょっと…そこはコミカルにすべきところじゃない気がした。読了日:08月27日 著者:米澤 穂信
阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)見ず知らず同士が、ほんの一瞬、同じ空間で同じ時間を共有する。電車に乗ってくる人、降りる人、ホームで待つ人…そんな老若男女が織りなす人間模様。作者の目のつけどころは鋭い。でも作品の印象は、ほんわかあたたかい。読み終えると、ささやかな幸せ感にひたれます。ふとしゃがみこんだら、四つ葉のクローバーを見つけたような感じ。恋したくなる。読了日:08月26日 著者:有川 浩
予知夢 (文春文庫)予知夢 (文春文庫)オカルトとミステリは紙一重。身の回りで意外に多い占いや霊感の類いは、一体どこまで説明をつけられるやら。読了日:08月25日 著者:東野 圭吾
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 09月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 09月号 [雑誌]絶景付の鉄道旅行したい。読了日:08月24日 著者:
夜のピクニック (新潮文庫)夜のピクニック (新潮文庫)青春小説。大人と子供の狭間を揺れ動く高校生の心理描写がみごと。読了日:08月24日 著者:恩田 陸
女系家族〈下〉 (新潮文庫)女系家族〈下〉 (新潮文庫)二通の紙切れでそれまでのいさかい全てが無に帰すさまは、こぎみよさを感じる。相続財産に執着することは不幸のもと。第三者視点では明らかでも、当事者になるとそれが見えないくらいに惑わされてしまう。人間は単純。読了日:08月14日 著者:山崎 豊子
女系家族〈上〉 (新潮文庫)女系家族〈上〉 (新潮文庫)どろどろとした魑魅魍魎のうずまくお家騒動を描いた小説。お金のことで実の兄弟が仲違いするのは悲しいけれど、お金にはそれだけの魔が宿っているのも事実。読了日:08月14日 著者:山崎 豊子
人は仕事で磨かれる (文春文庫)人は仕事で磨かれる (文春文庫)伊藤忠の元社長のエッセイ。とにかく誠実に正直に、関わりあう人達全てと真正面から向き合って、ご自身の正義を貫いた結果、トップに登り詰めた方。叱るときは叱るが理不尽な扱いはしない。若手の意見にも耳を傾け、いいものは即採用。やや古い部分もあるのかもしれないけれど、読めば読むほど理想の上司です。人間の能力には大差ない、差がつくのは粘り強さや人間力。役職や肩書きは目指すものではなく、他人の後押しがあればついてくる。読了日:08月05日 著者:丹羽 宇一郎
読書メーター
 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://sept-egg.jugem.jp/trackback/589