Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

覚えておきたい言葉

とっても尊敬してる先生の言葉。
覚えておきたかったから、自分用のメモです。

だいぶおそれ多いけど、十数年後の目標で憧れです。
一番ふらふらしてた時期に、たまたまこの先生に出会えたのは本当に良かったと思う!

***
一度きりの人生で、全部をやってみることはできない。
二つの選択肢のどっちが良いのか、厳密に比較するのは不可能。歩いていない道のことは、誰にも分かるわけがない。
自分で選んだ道や、巡り合わせで縁のあった道、今歩いている道を信じるしかない。

気がついたら、自分に合った道を歩いてるもの。なるようになるから心配しなくていい。

答えを求めるのは、学生の悪い癖。どうせ答えなんてない。

悩んでもそれでいい。不器用なら不器用なりに、にじみ出る何かがある。
自分の良さに気づいてくれない相手はその程度の相手なんだと、もっと自分に自信を持ちなさい。

採用側が見たいのは、「お前は、本当はどうなの?どんなやつなの?」ってこと。
着飾っても、すぐにばれる。
一緒に働きたいかどうか。
たまたま出てきた面接官との相性が良いか悪いか、それも縁。

いい加減はだめ。思考過程を見せろ。
批判されて「そうですね」じゃ存在意義がない。
結論を間違っても、プロセスを大事にしていれば、伸びる。

プロとアマの違いは、同じものを見るときの画素数。

自由業は肩書きがない。
「弁護士」は一年目もベテランも同じ「弁護士」。
それが魅力でもあるし、辛いところでもある。
自分の責任で、世の中の広く色んな部分に関わって、対等にものを言える。

怖い怖いと言っていると、怖いが来る。自分で呼んでる。

人生は40代50代が勝負(天才は除く)。社会で30代はまだ軽い。

自分がやりたいことを、やりたいようにやらせてもらえる環境はありがたい。
徒然草 ]
comments(2) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS

posted by daichikn  at 2009/06/17 00:14
この前話していた先生?
惚れる・・・。

>画素数
これって、物事を見る軸の多さって意味?
posted by すずめっぐ  at 2009/06/18 00:07
そうそう、林くんが50代って予想した先生w
ほんと、こういう大人になりたい。

画素数は、多面的な物の見方って意味での「軸の多さ」ではなくて、何ていうか、精密さや緻密さ?

例えば、その先生は音楽を例に出してたんだけど、ある音を聞いて、素人は「バイオリンだ」と思う。
一方、同じ音を聞いても、プロは「誰がいつ作ったバイオリンの音で、コンディションはこうで、誰が弾いてる」まで読み取れる。

物を見るときの、情報量の密度が段違いだっていう話だった。
デジカメでいえば、3万画素と300万画素くらいの開きがあって、どっちも間違ってないけど拡大すると粗が目立つよねーって。





cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://sept-egg.jugem.jp/trackback/521