Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

美食と節約

というわけで
美味しい旬野菜が食べたくなってきた。
(比較的)手頃なとこだとカノビアーノカフェ?

東京だと、野菜の味がする料理ってなかなか食べられないよね。それなりの対価が必要というか。田舎だと、種類は限られているかもしれないけれど、美味しい野菜が格安で手に入る機会はたくさんある。私の実家だと、魚貝類はなおさら。


外国人向けの東京ガイドブックに
「何を食べるかの制約条件は予算だけ」
って趣旨の内容が書いてありましたが、ほんとその通り。
いつでも何でも食べられることの便利さに対する対価だと思えば
決して不当な価格設定ではありませんが、学生にはなかなか厳しい…w


とはいえ時々美味しいものを食べることは
私には不可欠の息抜きなので
そういう贅沢は必要経費。
削る気は全くありませんw

あと自己投資コストも惜しんじゃダメだと最近認識しました。

必要なコストを削ってしまうと、長い目で見れば浮いた分以上の損をする。それを節約とは言わない。

ってわけで、必要な息抜きにも自己投資にもなっていない、「無駄な」コストをちゃんと見極めて節約しようと思います。その分より多く必要なコストに回せるように。
コンビニでつい買っちゃうお菓子と、店頭でつい買っちゃう化粧品類と、小物屋さんでつい買っちゃう雑貨類…辺りが削る余地ありっぽい。
「つい」って危険だ。

一見「無駄」に見えるものが
本当に無駄なのか、それとも実は必要なのか
「必要」という判断は冷静・客観的なものか…
見分け方って難しい。
徒然草 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。