Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

Crazyなアメリカ州法

mixi日記の焼き直し。

百式」っていう世界中の色々なアイディアを紹介しているブログがあって、そこで紹介されていたサイトが面白い。

アメリカの変な法律ばかりを集めたサイト。

Crazy Laws.com

全部読んだわけではありませんが

「日曜に公道で鼻歌を歌ってはいけない」
「モンスターはイリノイ州アーバナに入ってはいけない」
「ストライプのスーツを着た人にナイフを投げてはいけない」
「投げ縄で魚を捕まえてはいけない」
「馬鹿はバスタブで寝てはいけない」
「消火栓にワニをつないではいけない」

などなど。他にもたくさん。

州議会で大まじめに議論してる様子を想像すると余計に笑えます。
お風呂で鼻歌禁止っていうのもありましたけれど
議論が紛糾したりしないんでしょうかw

なんだか法律というか、具体的すぎて家庭内の決まりごとみたい。
全体的に「言われなくてもそんなことしないよ!」って感じの法律も多い。

こういうのは文化の違いなんでしょうか。
「ルールを明確に定めておく」文化と「暗黙の了解を大切にする」文化と。
「暗黙の了解を大切にする」

もしかしたら日本も条例レベルで、変わったものがあるのかもしれませんね。
知らないだけで。

そういえばアメリカって変わった判決も出ますよね。
(というか、変わった判決を出すで有名な裁判官がいるらしいですが。)

公園の木を傷つけた人に対して
「”I'm sorry, I love you.”と言って木に抱きつくを百回繰り返せ」
みたいな判決が確かあったと思います。
羞恥心があるならば、ある意味罰金より効果的かもしれません。
人格権の問題は別として。
徒然草 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。