Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

「死ぬときは一緒に死のうな」

どうみても今日更新しすぎだろうって感じですが
思い出したのでこれだけ。

たまたま今日の昼間に眺めていたテレビで
梅宮辰夫氏が出ていて
奥さんとの思い出を回顧するみたいなことをしていたのですが
その最後で奥さんに向けた一言がこれ。
「死ぬときは一緒に死のうな。」

すごくわがままな言葉であると同時に
とても思いやりに溢れた言葉でもあって
そして確かに本心から出た言葉。

テレビ見た時は「愛しちゃってますねw」くらいにしか思わなくて
きっとそのまま何もなければ
そんな発言を見たことも忘れちゃったと思いますが
先生のことを聞いてから思い返して色々考えてみると
ものすごく重みを感じました。

本当に大切な人同士なら、
できることなら一緒に死んでしまえる方が
ある意味では幸せなのかもしれませんね。
少なくとも当人達にとっては。
他に残される人の悲しみが倍増するという見方もできるので、そこは何とも言えません。
例えば同じ大切な人でも、子供に対してはきっと、一緒に死にたいというよりむしろ強く生きてほしいと思うのでしょうし。

ただ、水を差すようですが
普通はそんなこと言われたら引きます。
むしろ怖さを感じますw
心に響かせるための大前提には、相当な信頼関係が必要ですね。
もちろん、そういうセリフを本心から言ったり
また、言われて感動できたりするほどの信頼関係に対して憧れはありますけれど。
徒然草 ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: トラックバック機能は終了しました。