Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

カノビアーノ・カフェ@六本木



以前から目をつけていたカノビアーノ・カフェに行ってきました。
自然派イタリアンで著名な植竹シェフの直営店。
本店は代官山のCANOVIANOです。

店名に「カフェ」と付いていますが、
メニューの内容はカジュアルイタリアンレストラン。
「カフェ」から想像する値段よりは若干お高めな値段設定です。
美味しいからいいけれど。
服装は「カフェ」の名前通り、カジュアル目でOKな感じ。


◆建物・内装
ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHTと対になった三角形の建物。
安藤忠雄氏建築です。モダンで都会的。
ただ、外観からはレストランとは思えないかもしれないし
また思ったとしても、よくある美術館併設型の居心地いまいちなレストランかな
と想像してしまうかもしれません。
中に入ると、良い意味で予想を裏切ってくれます。

コンクリ打ちっ放しの壁ですが、全体としてとても清潔感があってお洒落。
席数も多くないし、配置が工夫されているので
隣の人も気にならず、ゆったりくつろぐことができました。

窓ガラスが三角形なのですが
そこから見える風景を計算し尽くして作ったのでしょうね、窓から見える風景(ミッドタウンのガーデン)がとても素敵。
ゆっくり時間が流れていて、東京のど真ん中とは思えない。

ここの内装はゴージャスな感じではなく、シンプルで都会的なお洒落空間。
そういう意味で、記念日等に非日常を楽しむ特別な場所というよりは
あくまで日常の中で、ちょっとお洒落に食事を楽しむという感じの場所。
何というか、セレブ気分の日常を味わえるという印象です。


◆料理
「舌で感じるインパクトより、栄養があり体に負担のない料理」というカノビアーノのコンセプト。
まさにその通りというのが端的な感想。

ここは素材の活かし方が上手い。
どれを食べても素材の味が濃く感じられて、
しかもそのまま食べるより圧倒的に美味しい味になっています。
しっかり味がついているのに、本来の味を邪魔せず
素材自体の美味しさを最大限に引き出していて
味付けが、素材の最高の引き立て役になっているような料理。

それから日本の食材が巧みに組み込まれていて、ヘルシー。


◆Menu(料理名はうろ覚えなので適当ですw)
¥5,250のコース(六品+コーヒー・紅茶)です。
他に¥3,150のコース(四品+コーヒー・紅茶)もあります。
休日のみサービス料加算。

○甘エビとカラスミの冷製カッペリーニ
甘エビがとろりと美味しい。トマトの甘みがほどよい。
ヒロの特製カッペリーニと似ているけれど、酸味を抑えているこちらの方が好み。

○前菜三種盛り合わせ
【平目のカルパッチョ、ホタテと水菜のチーズ和え(?)、生ハムと水牛のモッツァレラ】
どれも美味しい〜♪
モッツァレラチーズが普段スーパーで買うのと違って濃厚(当たり前)。
ホタテとパルメザンチーズって合いますね。
 
○パスタ1【カブと白菜のスパゲッティーペペロンチーノ風】
オリーブオイルに塩コショウの味付け。
こういうペペロンチーノなら大好きです。
カブと白菜を使ってもなお洋風なのがポイント。
これで醤油味じゃつまらない。

○パスタ2【ウニとトマトのクリームソース タリアテッレ】
タリアテッレがもちもちっとして気持ちいい食感。
ウニとトマトがまた絶妙のハーモニー。

○魚料理 【白身魚(何だっけ…)のポワレ】
お肉とお魚でチョイスできます。お肉は仔牛のグリルでした。
今日のお皿の中では一番普通かな?
付け合わせの里芋と炒めたセロリがこれまた美味しい。
いつもは苦手な銀杏もなんでこんなに美味しいんだろう。

○デザート&紅茶
【レモンの冷たいデザート、レモンのソルベ】
【バナナとチョコアイス?とカラメル、チーズで作ったソース】
【カマンベールチーズのリンゴのジャム添え】

全員違うデザートを出すのがCANOVIANOスタイルだそうです。
こういう出し方も新鮮でいいですね。楽しい。
もちろん全部食べたいのでシェア。

一番上がさっぱりフレッシュなデザート。
下二つは濃厚クリーミーなデザート。
下二つの方が好みでした。
クリーミーな方が「デザート食べた〜」って気分に浸れます。

○コーヒー、紅茶、またはエスプレッソコーヒー
カプチーノもあればいいのに。

※パン
オリーブオイルが良い香りで美味しかったです。



余談。ホールスタッフのユニフォームはイッセイミヤケのデザインだそうです。

JUGEMテーマ:グルメ


グルメ ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://sept-egg.jugem.jp/trackback/266