Eggs&Seeds

キレイゴトと毒が目一杯詰まった法科大学院生のブログ。
いつか殻を破って何かになりたいと企みながら
頭に浮かんだ独り言をありのままに吐き出します。皆様見守ってやってください。
感想・ご意見その他、コメント・TB大歓迎☆(但し、スパムは見つけ次第削除させていただきます。)

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

休暇

6月中旬公開予定。
http://www.eigakyuka.com/

友人の紹介で試写会に参加させていただきました。

「死刑執行の際、支え役を務めれば一週間の休暇を与える」

死刑を扱った映画です。
制度自体の賛否というセンシティブな部分は深入りせず
それぞれの登場人物の感情を巧みに描き出している。
重いけれど感情が生々しくぶつかってくる、とても良い映画。

いつ来るのかも分からない死刑が執行の日を、
ただひたすら待ち続けるだけの死刑囚。
未来の希望も夢もない状態ってこういうことを言うのかもしれない。
淡々と独りで縄跳びをするシーンが切ない。
そして自分がまさにこれから死ぬということを告げられた時に
どのように振る舞うか。
あるいはどのような反射的行動に出るか。

「執行をうまく引き延ばせば、それだけ出てこられる可能性が上がるんですから。」
なんて無神経な言葉を吐く弁護士。
この人は一体何を守りたいんだろうか。
執行が先延ばしになって、一体誰が幸せになるの?

毎日顔を合わせてきた一人の人間に死刑を執行する立場の刑務官。
みんな死刑執行になんて立ち会いたくないのが本音。
立ち会いを名乗り出た人に向かって「勇敢」「勇気ある行動」だとか
死刑の執行に慣れるはずなんてないのに「慣れてますね」だとか
心の中のどこにもないし、むしろ本音とは正反対の陳腐で馬鹿馬鹿しい言葉をつい口走ってしまう。
そこがとてもやるせない。

死刑囚の家族。
面会に来たものの、言葉が出ない。
何を話していいか分からない。
行き場のなくて得たいの知れない感情が渦巻くだけ。
そしてこれが最後の面会になるなんてことは、
執行されるまで家族にも分からない。

この映画は、言葉のないシーンの使い方が本当に凄い。
誰も何も喋らなくても、生の感情が直にぶつかってきて
深く深く心を揺さぶられる。

死刑を執行される人間が可哀想だとも、
死刑を執行しなきゃいけない人が可哀想だとも、思わない。
でも、死刑を執行する者・される者の感情が流れ込んできて
そのどれもが人間として共感できる感情だから、泣ける。
おすすめ。

(追記)
感情論を切り離した制度のコストという見方は重要。

JUGEMテーマ:映画


映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

ニュースの天才

評価:
ヘイデン・クリステンセン,ピーター・サースガード,クロエ・セヴィニー,ハンク・アザリア,ビリー・レイ
ハピネット
¥ 1,861
(2006-10-27)
権威ある雑誌の人気ライターが書いた記事の大半が捏造だった。
実話だそうです。

彼はなぜ捏造したのか。彼の真意はどこにあるのか。
その点について、この映画からははっきりと読みとることができません。

彼の使命が「真実をありのままに伝えること」ではなく
「人々を感嘆させること」に重きがあったのかもしれません。
そこでは、嘘も一つの手段となりえる。
人々を驚嘆せることの+が、嘘をつくことの−を上回るのならば。

また、彼が人々の求めるものに人一倍敏感で
それを書いていった結果が捏造だったのかもしれません。
実際に、彼を人気ライターの地位に押し上げたのは、そういう人々の声で
だとしたら、センセーショナルな事実を飽きることなく求め続ける大衆にも非があるとはいえないでしょうか。
だとしたら、そのような大衆に彼を非難する資格があるのでしょうか。

そもそも、何が真実か嘘かは曖昧です。
明らかに事実に反する場合のように判断が容易なこともありますが
例えば形容詞の選び方が大袈裟な場合。
書き手本人は、本当にそのように感じたのかもしれない。
でも、同じ事実を見て大した印象を受けなかった人からすれば
そのような形容詞は「大袈裟」で「割り引いてとらえるべきもの」、極端な場合は「嘘」となる。

マスコミに対して、そのあり方を根本的に問いかける作品だと思います。

内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『コラテラル』のトム・クルーズ製作総指揮、「スター・ウォーズ」シリーズのヘイデン・クリステンセンが主演を務めたサスペンス。スクープを連発する若き新聞記者・スティーブは一躍脚光を浴びるが、彼の記事の半数以上は捏造で…。“スマイルBEST”。

内容(「Oricon」データベースより)
アメリカで最も権威のある政治雑誌とされる「THE NEW REPUBLIC」のスタッフ・ライター、スティーブン・グラスの記事のねつ造事件を、ピュリツァー賞受賞作家バズ・ビッシンジャーが「Vanity Fair」誌に投稿した記事をもとに映画化。
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

ニュー・シネマ・パラダイス 完全オリジナル版 スペシャル・エディション

評価:
フィリップ・ノワレ,サルヴァトーレ・カシオ,マリオ・レオナルディ,ジャック・ペラン,アニエーゼ・ナーノ,ブリジット・フォッセー,ジュゼッペ・トルナトーレ
角川エンタテインメント
¥ 2,149
(2006-03-03)
Amazonランキング: 772位
「愛」に溢れた映画。
特に、アルフレードの深く大きな愛に心打たれます。
ラストシーンは、トトとアルフレードがフィルムを通して会話をしているような、そんな感じがしました。

何かを失えば、何かを手に入れる。
何かを手に入れれば、何かを失う。
そして何が本当の「幸せ」なのか、誰にも分からない。
当の本人ですらも。

確かなのは、目の前に何かを失って手に入れた現実が存在するということ。

その現実は、奇妙な運命の巡り会わせが積み重なった結果。
どこかで一つ違う選択をしていれば、また別な現実になっていたかもしれない。
どこかで一つ違う選択をしていれば、今の現実は無かったかもしれない。
今の現実にも、別な現実にも、比べられない魅力があって
両方手に入れることはできないと頭では分かっていても
それでも両方手に入れる方法があったんじゃないかと思わずにはいられない。
ともすると、手に入れられなかった方の現実の方がより魅力的にも思えてくることもある。
でもそれは隣の芝生が青く見えているだけで、
その時々で自分にできる限りのことをして、精一杯、懸命に生きてきた人ならば
今ある現実に到達するに至った経緯を一つ一つじっくり思い返してみると
やっぱりこれで良かった、これが自分の選んだ道だと、
後悔せずに素直に思えるものなんだろう。
実現することのなかった現実に魅力を感じなくなるというよりは、
それにも魅力を感じ続けてはいるけれど、一方で今の現実を手に入れている自分に胸を張れるというか。

しばらく経って見返したら、また違う見方ができそうな映画です。

以下は印象に残ったアルフレードの言葉。

「進歩はいつも遅すぎる」
「人生はおまえが観た映画とは違う。人生はもっと困難なものだ」
「おまえがこれからする総ての事を愛せ。子供の時、映写室を愛したように」
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

HERO スタンダード・エディション

評価:
木村拓哉,鈴木雅之
東宝
¥ 2,953
(2008-03-08)
HEROはやっぱり映画じゃなくてTVドラマ。
わざわざ映画館に足を運んでみるというよりも
家でTVをつける、気軽な感覚で見る作品。
決して映画として価値が無いと言いたいわけではなく、
それがHEROの持ち味なんだろうなと思います。

相変わらず久利生検事がかっこよく、豪華キャストで普通に面白いです。
松たか子の可愛く知的な感じが好き。阿部寛も好き。松本幸四郎も渋くていい。

以下はつらつら雑感。ひとりごと。

それぞれの検事にそれぞれの正義があって
どれが間違ってるとか、あちらがこちらよりも重要だとか、そんなことはきっと決められない。
それぞれが、自分の信じる正義を貫くために、自分にできる限りのことを精一杯頑張るだけ。

本当はそもそも比べられないものなのに
優劣又は優先順位があると思い込んでしまったり
あるいは無理やり優劣をつけようとしたりしてしまうと
どこかに歪が生じてしまう。

報道で捨象されてしまう個性。
一つ一つの事件に、そこにしかないストーリーがある。
情報の受け手側も、そうしたストーリーの存在を意識すること。

「正義を声高に叫んで、一体いくつの冤罪を生んできたか。そして、出世のためにそれを決して認めようとはしない。」

間違いを間違いと気がついた時に、それを素直に認める勇気。
そこでこそこそ見てみぬふりをしたり、無理な理論武装を試みたりするのは
自分にも周囲にも嘘をつくことになる。
また、そういう間違いは、放置すればするほど、取り返しのつかない大きな間違いへと
肥大化してしまう。
いくらその場を取り繕っても、いつかは間違いが明るみにでるはず。ならば対処は早いほうがいい。

まー言うのは簡単ですけれど。実際は人間て弱いよね。。。


単純な私はこういう作品に触れると、検事もいいかなとか思ってしまいますw
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

死ぬまでにしたい10のこと

評価:
ペドロ・アルモドバル,アウグスティン・アルモドバル,オグデン・ガヴァンスキ,エステル・ガルシア,ゴードン・マクレナン,イザベル・コヘット,ジャン・クロード・ラリュー,キャロル・ラヴァレー,カティア・スタノ,リザ・ジェーン・ロビンソン,アルフォンソ・デ・ヴィラロンガ,サラ・ポーリー,マーク・ラファロ,スコット・スピードマン
松竹
¥ 3,685
(2004-04-24)
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバルが製作総指揮を務める感動ドラマ。若干23歳にして余命2ヵ月と宣告されたアンは、そのことを誰にも話さず生きることを決意する。彼女は“死ぬまでにしたいこと”リストを作り、死ぬための準備を始める。


主人公の書き出す「やりたいこと」の項目が
本当にそれを死ぬ前の限られた時間でやりたいの!?
と言いたくなるようなことが多く、共感が持てず。
特に浮気のくだりは、子供に愛を注ぐことや、新しい妻・母探しを陳腐にしているような気がする。
自由奔放に自分のやりたいことに生きるか、お世話になった人達に誠実の限りを尽くすか、この場合は両者がトレードオフなんだからはっきりしてほしい。
他にもお酒・たばこ、お洒落がよく分からない。
共感できなかったのは、生きることに精一杯で抑圧され続けている人の心境が、本当の意味で想像できないからなのかもしれませんが。

映画のタイトルから私が当初期待した方向性は、
・平凡な日常に、かけがえのない幸せを見出す
          →幸せをくれた人を悲しませないために奔走
・他の人にはできないようなことを成し遂げる
といったものでした。

浮気しなければ上記の方を多少は達成できた気もするのですけれど。

とはいえ「自分だったらどうするか」ということを考えるきっかけにはなりました。
考えた内容は、
・お世話になった人達に誠実に接する、感謝の意を伝える
・自分の死後に周囲が困らないように、身の回りを整理する
・それ以外はごく普通の日常生活を可能な限り続ける
ですね。
平凡です。
死ぬ直前に「ああすれば良かった」「こうすれば良かった」って本気で悔やむとすればこれくらいで、他にあったとしも余命以上の長時間を要することでしょう。
長時間要することに中途半端に手を付ければ、きっとやらなかった以上の後悔をするだろうし、そもそも長時間要することなのにそれまで先延ばしになっていたということは、所詮そんなにやりたいことではなかったと思うから。
中途半端でもいいから手を付けたいというほど本当にやりたいことなら、そんな状況になる前にやってる気がする。
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

オリバー・ツイスト

評価:
バーニー・クラーク,ベン・キングズレー,ハリー・イーデン,エドワード・ハードウィック,マーク・ストロング,ロマン・ポランスキー,ロナルド・ハーウッド
ポニーキャニオン
¥ 1,100
(2006-06-30)
最近mixiがレビューのメインになってきて
こちらが若干後回しになりつつあります(^^;

というわけでお正月に見たDVD、今更レビューです。

純真無垢でどこか心もとないオリバー少年が可愛い。
あまりに純粋過ぎて、善悪関係無く言われたことを受け入れてしまう辺りがピノキオと似ています。
私としてはもう少し、自分の意志で悪に抗う強さを見せて欲しかった。
ジムニーのような「良心」は、彼の周りにいるのでしょうか。

とはいえ、周りに翻弄されるばかりの姿に自分を重ねてしまったりも。
今の私もこんな風に見えているのかな。
周りがどうであろうと、自分の信じる道を突き進む強さを持ちたいものです。

フェイギン一味はある意味で必要悪なのかなー。
彼らがいなかったらオリバーは間違いなく飢え死にしていたはず。
他の子供達もきっとそうだろう。
親に捨てられ、そのままでは生きていく術を持たない子供達に
たとえそれが悪であろうと生き方を教えた存在。
ただ、人に教えられたレールに乗っかって生きていくだけでいいのは人生のある時期までで、いつかは自分の生き方を見つけて一人で歩き出そうとしければ、本当の意味で幸せにはなれない。
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

クラッシュ

評価:
サンドラ・ブロック,ドン・チードル,マット・ディロン,ブレンダン・フレイザー,テレンス・ハワード,サンディ・ニュートン,ライアン・フィリップ,ポール・ハギス,ボビー・モレスコ
東宝
¥ 2,450
(2006-07-28)
JUGEMテーマ:映画


「人種差別は悪、だから差別はやめましょう」
きっと理性の部分では、みんなそれは分かっているだろう。
けれどそんなキレイゴトだけで差別が無くなるのなら、もうとうの昔に無くなっているはず。そう簡単には済ませられない根深さが人種差別という問題には横たわる。

外国人に囲まれて、えもいわれぬ恐怖を感じる。
そんな根拠も無い漠然とした不安感に覚えはないだろうか。
異質なものを怖がる。これはある意味で人間の性のようなもの。
根拠はないと頭では分かっていても、すぐには払拭できない。
そんな些細なところから、何か一つたがが外れればcrash(衝突)へと発展する。

根っからの悪人もいなければ、根っからの善人もいない。それが人間。
そんな人間のほんの一面を切り取っただけの偏見がいかに陳腐か。
前半好印象だった人物が後半思いがけない行動に出たり
逆に、前半印象の悪かった人物が後半命を賭した救出劇を繰り広げたり。
映画とはいえ、たった一つのエピソードで偏見を持ちうることを思い知らされる。

事故現場での救出劇と妖精のマントのエピソードが印象的。

自分が自分であるという「誇り」とは一体何なのだろう。
誇りは気高く尊いものだけれど
誇りのまがい品は、かえって自分を貶める。

登場人物が多く、その交錯が魅力的な作品ですが
誰がどう関わっているのか分かりにくいのが難点。
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

ライフ・イズ・ビューティフル

評価:
ロベルト・ベニーニ,ニコレッタ・ブラスキ,ジョルジオ・カンタリーニ,ジュスティーノ・デュラーノ
角川エンタテインメント
¥ 2,149
(2005-08-26)
◆LIFE IS BEAUTIFUL

見たのは夏休みですが…無性にレビューを書きたくなったので。

この映画は本当に泣けます。
私にとっては、今までで一番泣ける映画といっても過言じゃない。
(てかそもそもあまり泣けない。特に恋愛系。笑)

ユダヤ人親子が強制収容所に連行されて
父は息子に「これはゲームだ。」と陽気な嘘をつき続ける。

見かけはとても明るいからこそ、よけいに辛く悲しい物語。

妻に無事を知らせるため、強制収容所のスピーカーから流した
「Buongiorno, Principessa!」
の言葉が印象的です。

でもなんというか、見ながら号泣というよりは
見終わった後に様々な場面を思い返して
それでじわじわ泣けてくるという感じの映画。


大切な人の幸せを壊さないために、嘘をつく。

けれど、そういう嘘をつき続けるためには
嘘をつく人が、嘘のおかげで幸せでいられる人の分まで
辛さを背負えるだけの、想像を絶する精神力が必要で
その精神力を支えるのは「大切な人を守りたい」という気持ち。

この映画全体を通して、まさに
Life is Beautiful.
というメッセージが伝わってきます。

あーなんだか、映画の魅力を伝えきれない自分の表現力の無さがもどかしい。
とにかくオススメです。


余談ですが、嘘の使い方って難しいですよね。

確かに、知らないでいた方が幸せなこともある。
けれど、別な人から聞いてしまったり、様々な状況から悟ってしまったりした場合は
直接知らされるよりはるかに辛いことがあるし、
もしかしたら嘘をついて伝えなくても、本人はとうの昔に知っていて
知らないふりをすることがかえって負担なっているかもしれない。

基本的に思いやりのある嘘は尊いものだと思いますが
使い方を誤ると諸刃の剣になってしまう。


1939年イタリア、トスカーナ地方。主人公のユダヤ系イタリア人グイドは、いつも陽気で人々を楽しませる達人。グイドと「お姫様」のドーラは恋に落ち、息子ジョズエをもうける。しかし、間もなくナチスの強制収容所へ…。そこでもグイドは幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら笑顔で陽気に振舞い、嘘をつき続ける。
ユーモアと悲哀が混ざり合い、人生のすばらしさを謳いあげた作品。イタリアの名優ロベルト・ベニーニ演じるグイドの、体を張った豊穣な愛が美しい。ラストは涙、涙、涙…。
ベニーニは、監督・脚本・主演という三役を見事にこなし、アカデミー主演男優賞、外国語映画賞、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。また、音楽を担当した作曲家ニコラ・ピオバーニが、本作でアカデミー音楽賞に輝いた。(齋藤リエ)
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

Perfume

香水の力で愛されても虚しいだけ。愛されてるのは自分じゃなくて香水。そこにあるものは一時の幻想。真の存在には決してならない。

神秘的な力を持ったもの(不老不死の薬とか、惚れ薬とかその類)に、幻想を越えた真の力があると信じたくなるのも人間の性で
頭ではそんなものは存在するはずがないと分かっていても、そういう神秘の力に憧れるのは止められない。幻でもいいからすがりたいという気持ち、逃れられない現実を忘れたいという気持ちの現れなのかもしれない。


映画の本筋から外れますが思ったことのメモ。映画自体は私好みじゃありませんでした…
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

めも

恋するための3つのルール
プルーフオブマイライフ
プラダを着た悪魔
ラブソングが出来るまで
映画・DVD ]
comments(0) : trackbacks(0) :